Wacom Cintiq Companion 開封の儀

ワコムストアで予約販売していたCintiq Companionがお家に届いたので、一度やってみたかった開封の儀エントリーを書いてみることにしました。

–スペック
Wacom Cintiq Companion (512GB/Windows 8 Pro) DTH-W1300H/K0
Windows 8 Pro搭載 筆圧レベル 2048レベル(最新のIntuos Proと同等)

まずは、箱。
箱

ペットボトルも横においてみた。
思ったよりドーンとしてる。

おもむろに開ける。
箱開けた

パカッ

同梱品はこれだけ。
DTH-W1300本体、スタンド、プロペン(ペンケース、ペンリング:3本、替え芯:9本付属)、ACアダプタ、電源プラグ、クイックスタートガイド、クリーニングクロス、保証書、ソフトケース
このセット

おお!?っと思ったのは、このソフトケース。
ソフトケース

中がフカフカで、滑り止めもついてる。
IMG_6102

ポッケは2ヶ所あって、ペンケース、電源アダプターなんかを入れる用かな。
IMG_6103

皮っぽいところにロゴもついてる。
ケースのロゴ ^v^
なんか高級ぽい。かっこよい。

3段階の角度に調整できるスタンド。
アナログなスタンド
パコパコひらくスタンド
Cintiqのスタンドと同じなんだろうけど、かなりアナログというかいまひとつ。はめてみると結構パコパコ外れやすい。
ここ、もう少し3段階とかじゃなくて好きな位置で止めれるようにしてほしいな。

続いて、ペンケース。
ペンケース
タブレットのintuosはペンスタンドがついていたけど
持ち運ぶことを考えて、ペンケースになってるんだな。
付属している芯は、プラスチック製のものだけでした。
フェルト芯も入れて欲しかったな~。intuosの芯と互換性あるよね…?
もしかして使えないから入ってないとかかな。

大きさはこのくらい。
4

ファンクションキーが左側だけついてます。
ファンクションキー

裏はこんな感じ。
裏

立ててみたがどうか。
スタンド使ってみた

眺めていても仕方ないのでスイッチポン。
設定はペンで進めていくのですごいめんどくさいです。
セッティングめんどい

入力キーが2種類あって、Escキーとか、PrintScreenとかFキーが無い入力キーが通常なんですよ。あ、Shiftもないわ。タブレット使ってる方はこんな不便なことになってるのかと愕然としました。

windows8の設定に丸1日くらいかかったかもしれません。
一応最初に入れたのはAvast Free Antivirusです。

ちなみに、Windows 8のプロダクトキーはACアダプターに記載されています。プロダクトキーを紛失されても再発行はできませんので、念の為別途メモをとるなどの形で控えておくことをお勧めします。
とのことです。→【よくある質問:Windows 8のプロダクトキーはどこにありますか?

一応、そこらじゅうにキーの割り振りは入ってます。
3本指でタッチするとキーが出てきたり、キーセットを4ヶ所登録できたり。画面が狭くなるんですけどね‥。
キー設定

タブレットの設定の、ファンクションキーには
スペースキー(手のひらツールでよく使うので)、Ctrl+Z、Backspaceキー、Ctrl+c(保存)を登録しました。
キー設定

次は、Companionで絵を描いた感想を書きたいと思います。
いまもえちゃん描くぉ